MENU
カテゴリー
アーカイブ

記事内検索

dカードの本人認証サービス(3Dセキュア)とは?ワンタイムパスワードでセキュリティを強化!

スポンサーリンク

  • 本人認証サービス(3Dセキュア)とはなに?
  • 設定するメリットはある?
  • どのように設定するの?

d払いでクレジットカード払いを利用するには、本人認証サービス(3Dセキュア)を設定しないといけません。

本人認証サービス(3Dセキュア)をしていないとdカードもd払いに紐づけできません。

d払いの支払方法をdカードに設定すると、dポイントが2重取りできるのでおトク。

dポイントをザクザク獲得するためにも、本人認証サービス(3Dセキュア)をしないといけません。

この記事では本人認証サービス(3Dセキュア)の特長を説明しつつ、dカードでの設定方法をまとめています。

この記事でわかること

  • 本人認証サービス(3Dセキュア)について
  • 3Dセキュアの設定方法

スポンサーリンク

目次

本人認証サービス(3Dセキュア)とは?

引用:dカード公式サイト

通常ネットでショッピングにてdカードを利用して料金を支払うとき、クレジットカード番号有効期限を入力します。

本人認証サービス(3Dセキュア)を設定すると、クレジットカード番号と有効期限に加えて、「ワンタイムパスワード」を入力します。

「ワンタイムパスワード」を入力することで、第三者による不正利用を防げます。

3Dセキュアの3Dは「3つのドメイン」という意味です。

3つのドメイン
  1. 加盟店:カード決済を採用したお店やオンラインショップなど
  2. カード発行会社
  3. 国際ブランド:カードの決済システムを提供

本人認証サービス(3Dセキュア)を設定すれば、セキュリティを強化できます。

3Dセキュアのメリット

本人認証サービス(3Dセキュア)を設定するメリットはつぎの3点です。

  1. なりすまし防止
  2. カードを紛失してもパスワードが守られる
  3. セキュリティが高まることであんしん

クレジットカードを不正利用されると、自覚のないまま多額の請求されます。またクレジットカードの停止などの各種手続きをしないといけません。

クレジットカードのセキュリティを強化できる本人認証サービス(3Dセキュア)の設定はしておきましょう。

3Dセキュアのデメリット

本人認証サービス(3Dセキュア)を設定するデメリットは「ワンタイムパスワード」の入力です。

ネットでショッピングするときに毎回「ワンタイムパスワード」を入力するので、少し手間に感じるかもしれません。

しかし「ワンタイムパスワード」はアプリからコピーできるので、簡単に入力できます。

毎回「ワンタイムパスワード」を入力する手間がありますが、セキュリティ強化のために必ず本人認証サービス(3Dセキュア)を設定しておきましょう。

dカードの3Dセキュア設定方法

Data illustrations by Storyset

NTTドコモが提供しているdカード・dカードGOLDは本人認証サービス(3Dセキュア)の設定を推奨しています。

dカードの本人認証サービス(3Dセキュア)は簡単に設定できます。

NTTドコモよりわかりやすい動画が公開されています。

引用:docomoOfficial

ステップ1:dカードサイトからお申込み

STEP
dカード公式サイトの「会員ページ」をタップし、「設定・お手続き」をタップ
STEP
下にスクロールしていき、「セキュリティ」のタブ内の「インターネットショッピング本人認証サービス(3Dセキュア)」をタップ
STEP
下にスクロールしていき、「ワンタイムパスワードのお申込み」をタップ
STEP
dアカウントのIDとパスワードを入力してログイン
STEP
カードの有効期限とセキュリティコードを入力して「次へ進む」をタップ
STEP
規約の内容を確認し、「同意する」をタップ
STEP
メールアドレス、利用開始パスワード、パーソナルメッセージを入力し、「確認する」をタップ
STEP
入力内容に問題なければ「決定する」をタップ
STEP
ワンタイムパスワードのお申込みが完了

ステップ2:専用アプリをインストール

STEP
届いた「dカードワンタイムパス設定案内」メールに記載されているURLをタップ
STEP
「ダウンロードサイト」をタップ
STEP
Google PlayまたはApp Storeからアプリをインストール

ワンタイム

ワンタイム

NTT DATA CORPORATION無料posted withアプリーチ

STEP
「dカードワンタイムパス設定案内」のメールに戻り、「2.ワンタイムパスワードアプリのトークン追加」のURLをタップ
STEP
「アプリ初期設定/トークン追加」をタップ
STEP
プライバシーポリシーを確認し、「同意して進む」をタップ
STEP
お申込み時に設定した初期設定パスワードを入力し、「送信」をタップ

<まとめ>本人認証サービス(3Dセキュア)を設定するとセキュリティが高まり、あんしんして使える

まとめ

  • 本人認証サービス(3Dセキュア)でセキュリティを強化
  • ネットのショッピングでクレジットカードをあんしんして利用できる
  • ワンタイムパスワード入力で「なりすまし」防止
  • 設定も簡単、ワンタイムパスワードアプリをインストールしよう

クレジットカードをあんしんして利用したいなら本人認証サービス(3Dセキュア)を設定しよう。

dカードなら簡単に設定でき、ワンタイムパスワードアプリをインストールするだけ。

本人認証サービス(3Dセキュア)のメリットはつぎの3点。

  1. なりすまし防止
  2. カードを紛失してもパスワードが守られる
  3. セキュリティが高まることであんしん

クレジットカードの不正利用が不安なら本人認証サービス(3Dセキュア)を設定しましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次