MENU
カテゴリー
アーカイブ

記事内検索

失敗・損しないためのd払い講座【使い方を徹底解説】

スポンサーリンク

こんにちは☆彡 おちみかんです。

わたしはd払いやdカードなどのドコモのサービスを利用して、dポイントを毎月10,000pt以上貯めています。

d払いは高還元のキャンペーンを定期的に行っていて、使うだけでdポイントを貯められておトクです。

おトクなd払いですが、こんな悩みを持っていませんか?

  • d払いを使いたいけど何したら良いの?
  • いまさらd払いについて他人に聞けない
  • d払いでどのくらいdポイント貯まられるの?
  • d払いのセキュリティは安全なの?
  • d払いにはどんな機能があるの?

dポイントを貯めたい場合、d払いを使わないと損です。

この記事では、d払いの基本的な使い方やdポイントを還元率などを詳細にまとめています。

この記事を読むと、つぎのことがわかります。

  • d払いの基本的な使い方
  • d払いを使ってのdポイントを還元率
  • d払いの便利機能

d払いを利用するとdポイントの3重取りができ、最大2.5%還元ができます。さらに便利機能を使うことで生活を楽にできます。

  • 毎日のお買い物でdポイントがたまる・つかえる
  • 街のお店だけでなく、Amazon・メルカリでも使える
  • ドコモユーザーなら面倒なクレカや口座登録は不要
  • 高還元なキャンペーンが多く開催される
目次

d払いは長所は「dポイントの3重取り」

d払いの最大の長所は、利用することでdポイントが貯まることです。なんとdポイントの3重取りができ、最大2.5%のdポイントが還元されます。

還元率
d払い 0.5%
dカードを紐付け 1.0%
dポイントカードの掲示 0.5 or 1.0%
合計 2.0 or 2.5%

dポイントの3重取りを行うには、①会計時にdポイントカードの掲示、②d払いにdカードを紐付け、③支払い方法をクレジットカード払いにしたd払いで支払う必要があります。

d払いを利用することで効率よくdポイントを貯められます。

【注意】
d払いとdポイントカードが使えるかどうかはお店によって異なります。
d払いが使用できてもdポイントカードが使用できない場合がありますので、必ず確認しましょう。

d払いの登録は簡単!すぐ利用できる!

d払いアプリを利用するには「①ダウンロード→②利用規約に同意」これだけでOK!しかしドコモ回線の所持によって少し異なります。

ドコモ回線を持っている方

ドコモ回線契約者は次の4STEPで利用できます。

  1. 利用規約に同意
  2. モバイルネットワーク(spモード)に接続して4桁のパスワードを入力
  3. 利用設定を入力
  4. 利用開始

ポイントは「モバイルネットワーク(spモード)」に接続して設定を行うことです。Wi-Fi接続だとダメなので気をつけてください。

ドコモ回線を持っていない方

ドコモ回線契約者以外の次の5STEPで利用できます。

  1. 利用規約に同意
  2. dアカウントを入力
  3. パスワードを入力後、セキュリティコードを入力
  4. 利用設定を入力
  5. 利用開始

ドコモ回線を持っていない場合、dアカウントが必要です。

dアカウントの作り方を知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

クレジットカードを登録

クレジットカードを登録すると、お金をチャージする手間がなくなりスムーズ利用できます。

  • クレジットカード情報を入力後、登録
  • 利用するクレジットカードを選択
  • 3Dセキュア認証

「登録できるクレジットカード」

dカードを含むVISA、Master、American Express、JCB

※dカード以外のクレジットカードを登録する場合、本人認証サービス(3Dセキュア)の設定が必要

  • 毎日のお買い物でdポイントがたまる・つかえる
  • 街のお店だけでなく、Amazon・メルカリでも使える
  • ドコモユーザーなら面倒なクレカや口座登録は不要
  • 高還元なキャンペーンが多く開催される

支払い方法は4種類

d払いには4種類の支払い方法から好きなものを選べます。

  1. 電話料金合算払い
  2. d払い残高からのお支払い
  3. クレジットカード払い
  4. dポイント残高からの充当

オススメはdカードを紐付けした「3.クレジットカード払い」。理由は買物金額に応じて1.5%のdポイントが還元れるからです。

他の支払い方法について詳しく見ていきましょう。

電話料金合算払い

電話料金合算払いとは、d払いで支払った料金を月々のドコモの携帯料金と合わせて支払うことです。

<サービス利用条件>

利用対象者 ドコモ回線契約を持っている方
契約種別 FOMA・Xi(クロッシィ)
ISP契約 spモード・iモードのどちらかの契約が必要
お支払い方法 携帯電話料金のお支払い方法にかかわらず利用可能
1回の購入可能金額 1円~ご利用限度額(自身で設定可能)
ご利用限度額 年齢・契約年数によって異なる
請求方法 月々の携帯電話料金に合算して請求
その他 2in1のBナンバーでは利用できません。

ドコモの回線を持っている方のみ利用できる支払い方法です。

d払い電話料金合算払いの利用限度額は、年齢とドコモ回線の契約期間によって変わります。

年齢契約期間月額利用限度額(税込)
19歳まで 10,000円
1~3カ月 10,000円
20歳以上 4~24カ月 30,000円
24カ月以降 ①50,000円
②80,000円
③100,000円

未成年の方は契約期間にかかわらず、利用限度額は10,000円です。

20歳以上の方で24カ月以上の契約期間がある場合、利用限度額は50,000、80,000、100,000円の3つの中から選べます。

利用限度は自分で1,000円単位で設定することができます。この設定を行うことで、使いすぎはなくなるでしょう。

利用限度額の設定をしていない場合、設定可能利用限度額と同じ金額になります。

d払い残高からのお支払い

d払い残高からのお支払いとは、コンビニや銀行口座からd払い残高にお金をチャージすると利用できます。

<サービス利用条件>

利用対象者 ドコモの回線契約をお持ちの方(個人名義)、
またはdアカウントをお持ちの方
利用条件 d払い残高があれば利用可能
1回の購入可能金額 ネット決済:1円~100万円
バーコード決済:1円~49,999円
d払い残高の受入限度額は100万円まで
ご利用限度額 d払い残高の範囲内
請求方法 d払い残高から、購入時にご利用金額を出金
その他 ご利用代金「随時決済」のみ充当が可能

d払い残高からのお支払いはd払いユーザーすべての方が利用できます。d払いを利用するにあたり、dアカウントが必須だからです。

d払い残高を利用する場合、ドコモ口座も必要になります。

ドコモ口座とは、ネットやアプリ上で送金やお買い物ができるバーチャルなお財布です。

ドコモ口座について詳しく知りたい方はこちら!

クレジットカード払い

d払いに対応したクレジットカードを設定することで利用できます。

<サービス利用条件>

利用対象者 対応クレジットカードのご契約者であり、
dアカウントをお持ちの方
契約種別
クレジットカードブランド 「VISA」「MasterCard」「American Express」「JCB」
※一部ご利用になれないクレジットカードがあります。
1回の購入可能金額 1円~クレジットカードのご利用枠(限度額)
ご利用限度額 クレジットカードのご利用枠(限度額)
請求方法 クレジットカードのご利用代金として
クレジットカード会社より請求

dポイント残高からの充当

貯めたdポイントをd払いの支払いに充当できます。

<サービス利用条件>

利用対象者 iモード/spモードのどちらかの契約をしているドコモ回線お持ちの方
またはドコモ回線をお持ちでなく、dアカウントをお持ちの方
利用条件 dポイントクラブの会員で利用可能なdポイントを保有していれば利用可能
1回の充当可能金額 1円~ご利用可能ポイントの範囲内
ご利用限度額 dポイントのご利用可能ポイントの範囲内
請求方法 dポイントのご利用可能ポイントから、
購入時に充当ポイント(一部または全部)を交換
その他 ご利用代金「都度決済」、「随時決済」のみ充当が可能

dポイントには期限があります。失効になれば無駄になるので、d払いで失効付近のdポイントを使えるので便利です。

d払いの4つの安心!セキュリティ万全!

セキュリティ

d払いはスマホ決済に不安を持っている方でも安心して使えるように、4つの安心できるサービスを提供していてセキュリティは万全です。

  • 24時間365日不正モニタリング
  • 不正利用被害の補償制度
  • クレジットカードがなくても利用可能
  • 2段階認証に対応

不正利用が発見された場合、d払い・dアカウントの利用停止されます。またd払いでの不正利用の被害にあった場合、被害額は全額補償されます。

補償が手厚いので安心して利用できますね。

  • 毎日のお買い物でdポイントがたまる・つかえる
  • 街のお店だけでなく、Amazon・メルカリでも使える
  • ドコモユーザーなら面倒なクレカや口座登録は不要
  • 高還元なキャンペーンが多く開催される

d払いで使える9つの便利機能

d払いには支払い機能だけでなく9つの便利機能があります。

  • d払い残高にチャージ
  • d払い残高を出金
  • お友達に送金・受取
  • dポイントを送る
  • おトクなクーポン
  • お店の予約・注文
  • 請求書払い
  • d払い(iD)
  • d払いポイントGETモール

d払いの便利機能を使うことで、生活の質がすこし向上するでしょう。

便利機能を使うには本人確認必要

d払いには本人確認を行わないと使えない便利機能があります。使えない機能は次の5つです。

  • 銀行口座からのチャージ
  • オートチャージ
  • 送金
  • dポイントを送る
  • 出金

本人確認はオンライン(eKYC)で行えます。

オンライン本人確認を行う手順は次のとおりです。

  1. d払いアプリの「チャージ」、「送金」、「dポイントを送る」、「出金」のどれかをタップ
  2. 記載事項を読み、オンライン本人確認を選択
  3. 利用する本人確認書類を選択
  4. 指示にしたがって顔と書類を撮影※
  5. 撮影が終わると申し込みダイアログが出るので「OK」をタップ
  6. 審査が完了すると通知が届く(審査完了まで1~10営業日かかる)

※撮影は顔と書類が同じ画面になるように取ります。すこし難しいです。

本人確認書類は次の4つが使えます。

  1. 運転免許書
  2. 運転経歴証明書
  3. マイナンバーカード
  4. 在留カード

本人確認はめんどうですが、1度行うと送金・出金などの便利な機能が使えます。時間があるときに本人確認を行いましょう。

d払い残高にチャージ

「d払い残高からのお支払い」を利用する場合、お買い物する前にd払い残高にお金をチャージする必要があります。

またd払い残高を利用する場合、ドコモ口座が必要になります。

ドコモ口座を詳しく知りたい方はこちら!

d払い残高にチャージする方法は次の3つです。

  1. 銀行口座
  2. セブン銀行ATM
  3. コンビニ

コンビニでのチャージはレジでチャージしてもらう必要があり、少し手間がかかります。銀行口座からのチャージ、もしくはセブン銀行ATMチャージが楽でオススメです。

d払い残高の受入限度額は100万円です。

またd払い残高へのチャージは入金制限があります。

銀行口座 1,000~10万円/回、10万円/日、20万円/月
セブン銀行ATM 1,000~10万円/回、10万円/日、20万円/月
コンビニ 2,000~10万円/回、10万円/日、20万円/月

d払い残高を利用するとき、注意することがあります。

それはドコモの回線を持っていない方がdアカウントの情報を変更すると、d払い残高が消失してしまいます。

ドコモ回線を持っていない方は気をつけましょう。

d払い残高を出金

d払い残高は銀行口座に出金できます。全国の銀行はもちろん、ゆうちょ銀行やネット銀行へも出金できます。

チャージしすぎたお金を現金化できます。d払い残高を出金する際、手数料がかかります。

銀行口座手数料(税込)
1回目/月 みずほ銀行 110円/回
みずほ銀行以外 220円/回
2回目/月 全金融機関一律 220円/回

出金申請を行ってから1~2営業日(目安)に振り込まれます。出金限度額は1回あたり2万円です。

また出金申請は変更・キャンセルできないので注意が必要です。

お友達に送金・受取

d払い残高を友達に送金したり、受取したりできます。友達との食事で割り勘するときに使える便利機能です。

送金するときに必要なものは次の3つです。

  1. 電話番号
  2. d払い口座番号
  3. QRコード
  4. URLリンク

近くにいる友達に送金する際には「QRコード」、遠くにいる友達に送金する際には「電話番号」または「d払い口座番号」、「URLリンク」と状況によって使い分けることができます。

送金・受取の際の手数料は無料です。

また1カ月間の送金・受取の限度額は20万円です。

受取には有効期限があるので注意が必要です。

有効期限を過ぎた場合、自動的に受取拒否となり受取できなくなります。

iPhoneをご利用の方でLINEで受け取り用リンクを開く場合、次の手順を行ってください。

  1. LINEアプリのホーム画面の設定ボタンをタップ
  2. 設定画面の「LINE labs」をタップ
  3. 「リンクをSafariで開く」をONにする
  4. LINEメッセージ内の受け取り用リンクをタップ
  5. 「受け取る」ボタンをタップ

dポイントを送れる

d払いで友達にdポイントも送れます。dポイントを送る際、dポイントクラブの本人確認を行う必要があります。

dポイントクラブの本人確認について詳しく知りたい方は公式サイトを参照にしてください。

dポイントを友達に送る方法は次の5つです。

  • 電話番号
  • dポイントクラブ会員番号
  • QRコード
  • URLリンク

d払い残高と同じで状況によって使い分けることができます。dポイントを電話番号で送る際、ドコモ回線契約者のみ利用できます。

おトクなクーポンが使える

d払いにはおトクなクーポンが貰えて、使えます。

例えば「ローソンで使える20円割引」や「イオンシネマの映画料金300円割引」などがあります。

d払いで使えるクーポンは2種類あります。

  • 表示して使うクーポン
  • セットして使うクーポン

「表示して使うクーポン」は会計時にレジで見せる必要があります。見せる手間があったり、クーポンを忘れてしまうデメリットがあります。

しかしこの「表示して使うクーポン」は、いつでも何回でも利用することができます。

「セットして使うクーポン」はドコモから非定期で貰えます。いつ貰えるかわからないのと、1回の利用でなくなってしまいます。

「セットして使うクーポン」は1度セットしていると必ず使えるので、「表示して使うクーポン」より使いやすいです。

「セットして使うクーポン」を貰えたら忘れずにセットしておきましょう。

お店の予約・注文

d払いでお店の予約・注文ができます。

使い方は次の通りです。

  1. d払いアプリを起動
  2. 下のバーにある予約・注文をタップ
  3. 利用したいお店・サービスをタップ
  4. 予約・注文を選択
  5. お支払い
  6. 来店・受取

d払いの予約・注文は便利なのですが、使えるお店が少ないのデメリットです。

  • 吉野家テイクアウト
  • すき家テイクアウト
  • 大阪王将テイクアウト
  • はなまるうどん
  • Wendy’s FirstKitchen
  • バイクシェア
  • Japan Taxi
  • ChargeSPOT(充電)
  • テーブルオーダー

今後のサービス拡大に期待ですね。

請求書払い

d払いで公共料金の請求書を払えます。コンビニや銀行に行く手間が省けます。

d払いの請求書払いの使い方は次のとおりです。

  1. d払いアプリの「請求書払い」をタップ
  2. バーコードを読み取る
  3. 支払い

とても簡単に請求書払いを行うことができます。

d払い請求書払いで利用可能な公共料金は次のとおりです。

  • NHK
  • 東京ガス
  • 関西電力
  • 大阪ガス
  • 九州電力
  • 中国電力
  • 京葉ガス
  • 北海道ガス
  • レモンガス
  • 北ガスジェネックス
  • 静岡ガス
  • 広島ガス
  • 沖縄電力
  • 北九州市上下水道局
  • 神戸市水道局
  • 北陸電力
  • 北海道電力
引用:d払い公式サイト

d払い請求書払いの特徴は次のとおりです。

  • 利用できる公共料金・税金がすくない
  • 決済上限は300,000円以下(街のお店だと49,999円以下)
  • 支払方法は「d払い残高からのお支払い」のみ
  • dポイントは付与されない
  • 領収書・納税証明書はドコモは発行しない
  • 24時間利用可能
  • 2重支払いをしない仕様
  • ただしコンビニとバーコードを使った場合2重支払いになる

d払い(iD)

d払い(iD)とは、チャージなしでケータイ料金といっしょに請求できるiDです。通常iDはクレジットカードと紐付けして利用します。

d払い(iD)はクレジットカードがなくてもドコモのケータイがあれば利用できます。

d払い(iD)の特徴は次のとおりです。

  • クレジットカードがなくてもiDが使える
  • ドコモの回線が必要
  • ドコモのおサイフケータイ対応機種で利用可能
  • 200円につき1ptのdポイント還元(0.5%還元)
  • 1カ月の利用上限は最大3万円
  • iDキャッシュバックを利用できる

d払い(iD)と同じようなサービスにdカード(iD)があります。この2つのサービスは別々のものです。

iDキャッシュバックを利用するとき、間違えないように注意しましょう。

d払いポイントGETモール

d払いポイントGETモールはdポイントが貯まるポイントサイトです。

d払いポイントGETモールを経由して商品を買ったり、サービスを利用するとdポイントを獲得できます。

モッピーやハピタスのような感じです。

dポイントを効率よく貯める場合、このd払いポイントGETモールを経由してサービスを利用するのがオススメです。

  • 毎日のお買い物でdポイントがたまる・つかえる
  • 街のお店だけでなく、Amazon・メルカリでも使える
  • ドコモユーザーなら面倒なクレカや口座登録は不要
  • 高還元なキャンペーンが多く開催される

街のお店でd払いを使おう

初期設定が終われば、d払いはすぐに利用できます。

街のお店でお買い物するとき、d払いアプリを起動させてQRコードを読み取ってもらうとお支払いできます。

ネットのお店でd払いを使おう

街のお店だけでなく、ネットのお店でもd払いを利用してお買い物できます。

ネットのお店でd払いを利用する流れは次の3STEPです。

  • d払い対応サイトでお買い物
  • 4ケタのパスワードを入力
  • 決済完了

とても簡単に利用することができます。

「d払い」と「ドコモ払い」の違い

ネットのお店で買い物したとき、「ドコモ払い」ってあったけど、これはなに?「d払い」とは違うの?

「ドコモ払い」と「d払い」は違う決済手段です!間違えないように違いを理解しておきましょう。

お支払い方法 d払い ドコモ払い
電話料金合算払い
d払い残高からのお支払い
dカード/その他クレジットカード ×
dポイント充当 ×

お支払い方法だけでなく、利用できる対象者も異なります。

d払いドコモ払い
ドコモ回線契約をお持ちの方 i/spモード契約者
その他(データ端末等) ×
ドコモ回線契約をお持ちでない方 ×

ドコモ払いはドコモ回線を持っている方のみが利用できます。

d払いの方が利用できる範囲が広いので迷ったらd払いを利用しましょう。

使えるお店が豊富

d払いはネットのお店で使え、数も豊富です。

  • Amazon
  • メルカリ
  • ひかりTVショッピング
  • サンプル百貨店 など

一部を掲載しています。すべてを知りたい方は公式サイトをご覧ください。

利用できるお店は日々増えています。あなたが普段使っているお店でも利用できるでしょう。

Amazonでd払いを利用する場合は注意が必要

Amazonでd払いを利用する場合、すこし設定をする必要があります。

  1. Amazonにログイン後、「メニュー>アカウントサービス>お支払い方法の管理」をタップします
  2. お支払いオプションを管理から「お支払い方法を追加」をタップします
  3. 携帯決済をタップし、携帯電話会社「docomo d払い」を選択します。アカウントタイプは任意のものを選択します。続行をタップします。※
  4. ドコモの決済画面で4ケタのパスワードを入力し、承諾するをタップします
  5. 承諾番号が表示されますので「次へ」ボタンをタップすると完了します。Amazonでのお支払いに「docomo d払い」が選択できるようになります

※ドコモネットワークからの接続が必要になります。

Amazonでdポイントも利用できます。dポイントを利用する設定は次の通りです。

充当方法の設定画面で、「dポイントをすべて利用する」もしくは「d払い残高をすべて利用する」をタップし、「内容を登録する」をタップすると次回のご利用から適用されます。

※設定を変更しない限り、次回以降も適用されます。

Amazonでは上記の設定をしないとd払いを利用できません。すこし面倒ですが、忘れずに設定を行いましょう。

おトクなキャンペーンが豊富

d払いには毎月おトクなキャンペーンが開催されています。キャンペーンの中には「30%還元」のような高還元もあります。

このキャンペーンを上手に使うことでdポイントを効率よく貯められます。

d払いのキャンペーンでdポイントを獲得するために、共通の条件があります。

  1. dポイントクラブ会員のdアカウントが必要
  2. キャンペーンにエントリー
  3. キャンペーン期間中に対象店舗でお買い物
  4. d払い(コード決済)のお支払い方法は、「電話料金合算払い」、「d払い残高からのお支払い」、「dカードからのお支払い」

キャンペーンによって異なりますが、上記4点が共通していることが多いです。

<まとめ>dポイントが効率よく貯まるd払い!おトクがいっぱい!

d払いは簡単に登録でき、すぐ使えるQRコード決済です。使うたびにdポイントも貯められるのでおトク。

また、高還元のキャンペーンが定期的に開催されるのでdポイントがザクザク貯まります。

決済サービス以外にもたくさんの便利機能があり使いやすいです。

あなたもd払いを利用してみませんか?

  • 毎日のお買い物でdポイントがたまる・つかえる
  • 街のお店だけでなく、Amazon・メルカリでも使える
  • ドコモユーザーなら面倒なクレカや口座登録は不要
  • 高還元なキャンペーンが多く開催される

スポンサーリンク

にほんブロブ村バナー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる