MENU
カテゴリー
アーカイブ

記事内検索

【不安が吹き飛ぶ!?】d払いキャンペーンで進呈対象となる条件を解説

スポンサーリンク

こんにちは☆彡 おちみかんです。

ドコモのキャッシュレス決済サービス「d払い」を利用していますか。

d払いはお支払い時にdポイントやクーポンも手軽に利用できたりする便利機能があります。

特にd払いの一番良い点が、高還元のキャンペーンが定期的に開催されることです。

このおトクなキャンペーンを上手に使いこなすとdポイントがたくさん貯まります。

しかし、このおトクなキャンペーンにも落とし穴があります。

それが、キャンペーンの進呈対象の条件があることです。

この条件はキャンペーンサイトの下に小さく書かれていたり、文章が長く読みづらいことが多いです。

キャンペーンサイトは難しいことたくさん書いてあるから読むの大変だよ~

そこでこの記事では、たくさんあるd払いのキャンペーンで共通の進呈対象条件や対象外になる条件をまとめてみました。

この記事はこのような方にオススメ

  • d払いのキャンペーンを初めて利用する方
  • 自分のお買い物がキャンペーンの対象が気になる方
  • 毎日のお買い物でdポイントがたまる・つかえる
  • 街のお店だけでなく、Amazon・メルカリでも使える
  • ドコモユーザーなら面倒なクレカや口座登録は不要
  • 高還元なキャンペーンが多く開催される

スポンサーリンク

目次

d払いキャンペーンで対象となる方法は?

d払いに関する多くのキャンペーンが開催されています。

開催されているキャンペーンによってポイント獲得対象となる条件が異なっています。

なので、利用したいキャンペーンの概要を確認する必要があります。

概要って長い文章だよね?
読むの大変だな~

そんなあなたのために、キャンペーンでポイントを獲得するための共通の条件をまとめてみたよ!

d払いのキャンペーンでポイントを獲得するためには、共通の条件あります。

  1. dポイントクラブ会員のdアカウントが必要
  2. キャンペーンにエントリー(キャンペーンによってエントリー不要のものがある)
  3. キャンペーン期間中に対象店舗でお買い物
  4. d払い(コード決済)のお支払い方法は、「電話料金合算払い」、「d払い残高からのお支払い」、「dカードからのお支払い」

難しい言葉が出てきた!dポイントクラブ?dアカウント?

難しく考える必要はありません。

d払いを利用している方はdアカウントを持っていますし、dポイントカードを持っている方ならdポイントクラブ会員になっています。

このdアカウントにdポイントクラブ会員を紐付けすれば大丈夫です。

キャンペーンのエントリー有無や期間、対象店舗は開催されているキャンペーンによって異なります。

わたしのSNSでドコモに関する キャンペーンを 定期的に発信しています !
フォローしてもらえると見逃しがなくなります

\ フォローしてね! /

お支払い方法は3種類

キャンペーンの対象となるお支払い方法は、d払いの「電話料金合算払い」、「d払い残高からのお支払い」、「dカードからのお支払い」となります。

  • 電話料金合算払い:ドコモの回線利用者だけが利用できるお支払い方法
  • d払い残高からのお支払い:ドコモ口座を自動引き落としになるお支払い方法
  • dカードからお支払い:d払いに登録してあるdカードまたはdカードGOLDからのお支払い方法

「d払い残高からのお支払い」利用するには、ドコモ口座に事前にお金をチャージしておく必要があります。

「d払い残高からのお支払い」はドコモ回線を利用していない方やdカードを持っていない方にオススメのお支払い方法です。

「電話料金合算払い」、「d払い残高からのお支払い」、「dカードからのお支払い」全て利用できる方なら、「dカードからのお支払い」がオススメです。

お買い物前に確認しよう!対象外のお支払いとは

キャンペーンの対象となる支払い方法は、d払いの「電話料金合算払い」、「d払い残高からのお支払い」、「dカードからのお支払い」です。

この3つのお支払い方法以外だと、キャンペーン対象外となります。

どのようなお支払い方法があるか、見ていきましょう。

d払いキャンペーンで対象外となるお支払い方法
  • dカード以外のクレジットカード、dカードプリペイドに設定されたお支払い
  • d払い(iD)でのお支払い
  • dポイントでのお支払い
  • クーポンでのお支払い
  • キャンペーン期間内に、正常にお支払い完了とならなかったお支払い
  • ご購入をキャンセルした場合のお支払い
  • クレジットカードや通信によるエラー等があり、d払い決済が完了しなかった場合

名前にdカードとついていますが、dカードプリペイドは対象外となるので注意しましょう。

また、d払い(コード決済)とd払い(iD)は違うサービスです。

名前は似ていますが、d払い(iD)を利用する場合は店員さんに「お支払いはiDで!」と言わないといけないので利用することはないでしょう。

キャンペーン期間内に、d払いで正常にお支払い完了とならなかった場合や、購入のキャンセル、通信エラーによるd払い決済が完了しなかった場合もキャンペーン対象外となります。

このようなケースはほとんどないので、気にしなくても大丈夫です!

dポイント・クーポンでのお支払い分はキャンペーンの対象外

貯めたdポイントを簡単に利用できたり、各種クーポンが利用できたりするのがd払いの特徴です。

しかし、dポイントやクーポンを利用した分のお支払いはキャンペーン対象外となります。

例えば、5,000円のお買い物をしてdポイントを500ポイント利用したとします。

この時、4,500円分がキャンペーン対象金額となり、ポイント還元されます。

クーポン利用時も同じように計算されます。

なので、キャンペーン開催時はdポイントやクーポンの利用を考えましょう。

キャンペーンの対象外になりますが、dポイントやクーポンの利用はおトクになるので積極的に使いたいですね

キャンペーンの対象外の商品を確認しよう

キャンペーンのエントリーして、期間中に対象店舗で対象となるd払いでお買い物してもキャンペーンの対象外となる場合があります。

それは、対象外となる商品があるからです。

d払いキャンペーン対象外となる商品
  • 金券類似物(切手、印紙、はがき、テレホンカード、クオカード、各種商品券、図書カード、ギフトカード、プリペイドカード、メーカー系ギフト券(ビール共通券等)、ごみ処理券、宝くじ、バスカード・各種乗車券・回数券など)の購入
  • たばこ、宅配料、公共料金のお支払い、決済代行、各種電子マネーのチャージ及び購入など
  • 株主優待券での支払い
  • 雑誌書籍類、一部医薬品、一部化粧品、処方せん、調剤専売品など
  • その他指定する商品

そもそも、これらの商品はd払いでお支払いできない可能性があります。

d払いでお支払いできるかどうかはお店によって異なります。

ここで注意なのがたばこです。

コンビニなどではたばこの購入する際にd払いを利用することができます。

しかし、キャンペーンの対象外となりますので注意が必要ですね。

<まとめ>失敗しないようにd払いキャンペーンを理解しておこう

まとめ

  • ポイント進呈条件はキャンペーンによって異なる
  • キャンペーンにエントリーするには、dポイントクラブ会員のdアカウントが必要
  • キャンペーン期間中に対象店舗でお買い物
  • お支払い方法は「電話料金合算払い」、「d払い残高からのお支払い」、「dカードからのお支払い」
  • 上記以外のお支払いは対象外
  • dポイント・クーポンのお支払い分は対象外
  • キャンペーン対象外の商品がある

d払いはおトクなキャンペーンがたくさんあります。

キャンペーンの内容をしっかり理解して使っていきたいですね。

もしキャンペーンの内容がわからない場合、気軽に質問してください。

  • 毎日のお買い物でdポイントがたまる・つかえる
  • 街のお店だけでなく、Amazon・メルカリでも使える
  • ドコモユーザーなら面倒なクレカや口座登録は不要
  • 高還元なキャンペーンが多く開催される

スポンサーリンク

にほんブロブ村バナー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる