MENU
カテゴリー
アーカイブ

記事内検索

dカード(iD)とd払い(iD)の違いは?違いを理解しておトクに使おう!

スポンサーリンク

  • dカード(iD)とd払い(iD)ってなに?
  • それぞれの違いが知りたい
  • どっちがおトク?使いやすい?

2022年4月現在、全国175万以上の店舗で利用できる電子マネー「iD」。お店の専用端末かざすと「タントン♪」と音がなり、簡単に支払いできます。

便利なiDにはdカード(iD)d払い(iD)の2種類が存在します。

これら2つの違いを理解していないと、ポイント還元などで損をするかもしれません。

この記事では、dカード(iD)とd払い(iD)の違いやそれぞれの特長をまとめています。

この記事でわかること

  • dカード(iD)とd払い(iD)の違い
  • それぞれの特長
  • 注意すべき点

dカード(iD)はdカード会員d払い(iD)はドコモユーザーのみが利用できるiDです。

dポイントを効率よく利用できるサービス「iDキャッシュバック」を活用する際には、この違いをしっかり理解しておきましょう。

スポンサーリンク

目次

dカード(iD)とd払い(iD)の違い

引用:dカード公式サイト

ドコモのキャッシュレス決済サービスにiD(アイディー)があります。

このiDにはdカード(iD)とd払い(iD)の2種類があり、簡単にまとめるとつぎのようになります。

dカード(iD)d払い(iD)
利用条件dカード会員ドコモの携帯電話契約者
利用するための媒体dカード
おサイフケータイ
ドコモのおサイフケータイ
支払い方法dカードでの請求ドコモのケータイ料金と合算して請求
利用枠dカードの利用枠5,000円
1万円
3万円
dポイント還元率0.5%
(200円につき1pt)
※d払い(iD)の利用枠はドコモのケータイ料金の支払い状況によって変わる

dカード(iD)はdカード会員、d払い(iD)はドコモユーザーのみが利用できるiDです。

それぞれの特長を解説していきます。

dカード(iD)はdカード会員が利用できる

dカード(iD)はdカードを所有していると利用できるiDです。dカードにはiDが付帯しているクレジットカードなので、めんどうな設定が不要。

無料のdカード、年会費11,000円のdカードGOLDどちらでもiDが利用できます。

dカード(iD)はdカードまたはおサイフケータイで利用可能

dカード(iD)は名前の通り、dカードを専用端末にかざすと利用できます。またスマホのiDアプリで設定すると、おサイフケータイでも利用可能になります。

近くのお店に軽く買い物は、スマホ1つで行けるようになります。

利用限度額はdカードに準ずる

dカード(iD)で買物した料金はdカードで支払いされます。

スマホのおサイフケータイで支払った場合でdカードに請求されます。それゆえ、dカード(iD)の利用限度額はdカードと同じになります。

ポイント還元率は1%

dカード(iD)のポイント還元率は1%になります。

iD自体にポイント還元がないため、dカードのポイント還元率になります。dカード・dカードGOLDは100円(税込)につき1pt獲得できる還元率1%です。

dカード(iD)で買い物してdポイントをためよう。

d払い(iD)はドコモ回線を持っている方が利用できる

d払い(iD)はd払いアプリをインストールしているドコモユーザーのみ利用できます。

d払い(iD)はクレジットカードがなくても使えるのがメリット。

クレジットカードが持てない学生や社会人の方も、ドコモユーザーなら誰でも利用可能です。

d払い(iD)はおサイフケータイで利用可能

d払い(iD)はスマホのおサイフケータイ機能を利用すると使えます。

d払いアプリとiDアプリをそれぞれスマホにインストールして設定する必要があります。

d払い(iD)のはじめた方
  1. d払いアプリを起動する
  2. iDアプリの設定をする
  3. d払い(iD)の登録をする
  4. iDアプリのTOP画面に赤色になればOK
  • 毎日のお買い物でdポイントがたまる・つかえる
  • 街のお店だけでなく、Amazon・メルカリでも使える
  • ドコモユーザーなら面倒なクレカや口座登録は不要
  • 高還元なキャンペーンが多く開催される

iDアプリ (MVNO/SIMロックフリー端末版)

iDアプリ (MVNO/SIMロックフリー端末版)

無料posted withアプリーチ

利用限度額は最大3万円

d払い(iD)の利用限度額は、あなたのドコモ携帯電話料金の支払い状況に応じて変化します。

限度額は3段階あり、5,000円、1万円、3万円の中から設定されます。また自身で1,000円単位で限度額を設定することもできます。

ポイント還元は0.5%、条件を満たせば2重取りも可能

d払い(iD)で買い物すると200円につき1pt(還元率0.5%)のdポイントが獲得できます。

基本的にiD自体にポイント還元サービスはありません。しかしd払い(iD)には還元率0.5%のポイント還元があります。

これによりd払い(iD)でポイントの2重取りが可能になります。

ポイント2重取りの方法はドコモの携帯電話料金の支払いをdカード以外のクレジットカードに設定するだけです。

dカードではダメなの?

dカードはドコモの携帯電話料金の支払いではポイント還元対象外!iDのポイント2重取りをしたいなら他のクレジットカードで支払おう!

ドコモの携帯電話料金の支払いをdカード以外のクレジットカードに設定すると、いくつかのデメリットがあります。

  • dカードお支払割が適用されない
  • ahamoのギガ増量が適用されない

ドコモの携帯電話料金の支払いをdカード以外のクレジットカードに設定すると、ポイント2重取りができるが、おトクなサービスが適用されなくなります。

どっちがおトクか考えて設定しましょう。

dポイントをiDキャッシュバックに交換する際は注意しよう

dポイントをおトクに使うサービスにiDキャッシュバックがあります。iDの利用料金はiDキャッシュバックから充当されます。

このサービスの良い点は、iDキャッシュバックでiDの料金を充当しても、ポイントを獲得できることです。

おトクなiDキャッシュバックですが、dポイントをiDキャッシュバックに交換する際、dカード(iD)とd払い(iD)の2つから選びます。

dカード(iD)とd払い(iD)は違うサービスですので、間違えないように注意しましょう。

<まとめ>dカード(iD)はdカード会員、d払い(iD)はドコモユーザーのみ利用できる

まとめ

  • dカード(iD)はdカード会員が利用できる
  • ポイント還元は1%
  • d払い(iD)はドコモユーザーのみ利用できる
  • 利用限度額は最大3万円
  • ポイント還元は0.5%
  • ポイント2重取りも可能

dカード(iD)はdカード会員、d払い(iD)はドコモユーザーのみが利用できるiDです。

dカード(iD)d払い(iD)
利用条件dカード会員ドコモの携帯電話契約者
利用するための媒体dカード
おサイフケータイ
ドコモのおサイフケータイ
支払い方法dカードでの請求ドコモのケータイ料金と合算して請求
利用枠dカードの利用枠5,000円
1万円
3万円
dポイント還元率0.5%
(200円につき1pt)
※d払い(iD)の利用枠はドコモのケータイ料金の支払い状況によって変わる

この2つの違いをしっかり理解して利用していきましょう。

スポンサーリンク

にほんブロブ村バナー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる