MENU
カテゴリー
アーカイブ

記事内検索

d払いの4つの支払い方法を解説!dポイントの3重取りができるdカードが一番おトク!

スポンサーリンク

  • d払いの支払い方法ってどんなものがあるの?
  • おトクな支払い方法はどれ?
  • 注意点とかあるの?

普段の買い物でdポイントがたまるd払い。各種コンビニやスーパー、飲食店など多くのお店で利用できます。

おトクなd払いですが、支払い方法を間違えるとdポイントがたまりません

この記事ではd払いの4つの支払い方法を詳細にまとめています。

この記事でわかること

  • d払いの4つの支払い方法
  • おトクな支払い方法

スポンサーリンク

目次

d払いの支払い方法は4種類

Data illustrations by Storyset

d払いの支払い方法は4種類あり、状況に応じて使い分けられます。

  1. 電話料金合算払い
  2. d払い残高からの支払い
  3. クレジットカード払い
  4. dポイントの充当

また支払い方法によってはdポイントがたまらなくなります。

支払い方法還元率
電話料金合算払い0.5%
d払い残高からの支払い0.5%
dカードでの支払い0.5%
dポイントの充当
※dカード以外のクレジットカードを設定した場合、dポイントの還元はありません

それぞれの支払い方法を解説していきます。

電話料金合算払い

電話料金合算払いはドコモユーザーのみが利用できる支払い方法です。

サービスの利用条件や利用限度額が決められているので、しっかり理解しておきましょう。

サービス利用条件

利用対象者 ドコモ回線契約を持っている方
契約種別 FOMA・Xi(クロッシィ)
ISP契約 spモード・iモードのどちらかの契約が必要
お支払い方法 携帯電話料金のお支払い方法にかかわらず利用可能
1回の購入可能金額 1円~ご利用限度額(自身で設定可能)
ご利用限度額 年齢・契約年数によって異なる
請求方法 月々の携帯電話料金に合算して請求
その他 2in1のBナンバーでは利用できません。

利用限度額

電話料金合算払いの設定可能な利用限度額は、ドコモ契約者の年齢や契約期間によって異なります。

年齢契約期間月額利用限度額(税込)
19歳まで 10,000円
1~3カ月 10,000円
20歳以上 4~24カ月 30,000円
24カ月以降 ①50,000円
②80,000円
③100,000円

20歳以上の方の利用限度額は、ドコモ回線のお支払い状況に応じて自動的に変更されます。

利用限度額を自動的に変更させたくない場合、あなた自身で利用限度額を設定する必要があります。

利用限度額の確認・設定方法

電話料金合算払いの利用限度額は、あなた自身で1,000円単位で設定できます。

STEP
dメニューを起動
STEP
「マイメニュー」をタップし、dアカウントのIDとパスワードを入力してログイン
STEP
継続課金一覧/ご利用履歴の【決済サービスご利用明細(spモード決済・ドコモ払い/d払い)】をタップ
STEP
「ご利用履歴」、「限度額設定変更」をタップ

注意事項

電話料金合算払いに関する注意事項がいくつかあります。

  • ドコモ携帯電話サービスの新規契約または名義変更を申し込みしたとき、支払い実績の確認のため約2~3ヶ月程度利用できない場合がある
  • ドコモ携帯電話料金を指定の期限に支払いできていない、または支払いをおこたる恐れがある場合利用できない
  • 契約名義が法人またはビジネスdアカウントの方は利用できない
  • 購入予定の商品・サービスが利用限度額を超える場合利用できない

d払い残高からの支払い

d払い残高はd払いアプリにお金をチャージすることで利用できます。

銀行口座やセブン銀行ATM、コンビニからチャージすることができます。

ドコモユーザー以外でクレジットカードを持てない方はd払い残高からの支払いがオススメ。

サービス利用条件

利用対象者 ドコモの回線契約をお持ちの方(個人名義)、
またはdアカウントをお持ちの方
利用条件 d払い残高があれば利用可能
1回の購入可能金額 ネット決済:1円~100万円
バーコード決済:1円~49,999円
d払い残高の受入限度額は100万円まで
ご利用限度額 d払い残高の範囲内
請求方法 d払い残高から、購入時にご利用金額を出金
その他 ご利用代金「随時決済」のみ充当が可能

d払い残高へのチャージ方法

d払い残高への入金は銀行口座やセブン銀行ATM、コンビニから行えます。

銀行口座からのチャージは本人確認が必要になります。

d払い残高へのチャージは気軽に行えるセブン銀行ATMからがオススメ。

払込場所銀行口座セブン銀行ATMコンビニ
利用できる方
手数料無料無料無料
1日にチャージできる金額10万円10万円10万円
1度にチャージできる金額1,000円~10万円
【オートチャージ場合】
3,000円~10万円
1,000円~10万円2,000円~10万円
1ヶ月にチャージできる金額20万円20万円20万円
引用:d払い公式サイト

銀行口座から

STEP
チャージ方法を選択
STEP
チャージする

セブン銀行ATMから

STEP
チャージ方法を選択
STEP
QRコードを読み取る
STEP
企業番号を入力
STEP
チャージする
セブン銀行ATMからチャージするときの注意点
  • 1回につき10万円まで現金によるチャージが可能です
  • チャージは1,000円単位となり、投入した現金はすべてチャージされます
  • d払い残高が100万円を超える場合チャージできません
  • 入金手数料は無料です

コンビニから

STEP
チャージ方法を選択
STEP
入金額を入力・確定する
STEP
チャージするコンビニを選択
引用:d払い公式サイト

各コンビニでの入金手続きはこちらを参照してください。

注意事項

d払い残高からの支払いに関する注意事項がいくつかあります。

  • 契約名義が法人の場合、利用できない
  • 「d払い残高サービス拒否」を設定している場合、利用できない
  • 「d払い残高充当利用拒否」を設定している場合、利用できない
  • 「d払い残高」の利用規約および注意事項に同意する必要がある
  • 利用しようとしている金額が、d払いの残高を超えている場合、利用できない

クレジットカード払い

クレジットカードをお持ちなら、d払いと紐づけすることで簡単に支払いできます。

特にNTTドコモが提供しているdカードを組み合わせると、dポイントの2重取りが可能になります。

dカードは年会費永年無料、還元率1%のおトクなクレジットカードです。

d払いを利用するなら持っておかないと損。

  • 年会費永年無料
  • 100円(税抜)につき1pt還元(還元率1%)
  • dカード特約店で還元率UP
今なら新規入会でdポイント合計7,000ptプレゼント!

サービス利用条件

利用対象者 対応クレジットカードのご契約者であり、
dアカウントをお持ちの方
契約種別
クレジットカードブランド 「VISA」「MasterCard」「American Express」「JCB」
※一部ご利用になれないクレジットカードがあります。
1回の購入可能金額 1円~クレジットカードのご利用枠(限度額)
ご利用限度額 クレジットカードのご利用枠(限度額)
請求方法 クレジットカードのご利用代金として
クレジットカード会社より請求

dカードならdポイント3重取りが可能

d払いの最大の長所は利用することでdポイントがたまることです。なんとdポイントの3重取りができ、最大2.5%のdポイントが還元されます。

還元率
d払い 0.5%
dカードを紐付け 1.0%
dポイントカードの掲示 0.5 or 1.0%
合計 2.0 or 2.5%

dポイントの3重取りを行うには、①会計時にdポイントカードの掲示、②d払いにdカードを紐付け、③支払い方法をクレジットカード払いにしたd払いで支払う必要があります。

d払いを利用することで効率よくdポイントを貯められます。

【注意】
d払いとdポイントカードが使えるかどうかはお店によって異なります。
d払いが使用できてもdポイントカードが使用できない場合がありますので、必ず確認しましょう。

注意事項

クレジットカード払いに関する注意事項がいくつかあります。

  • 本人認証サービス(3Dセキュア)が設定されていないクレジットカードは利用できない
  • 「クレジットカード/dカード利用拒否」を設定している場合は利用できない
  • 購入しようとしている対象金額が、ご利用のクレジットカードの利用枠(限度額)を超えている場合、利用できない
  • 利用のクレジットカードが利用停止中の場合は利用できない

dポイントの充当

d払いではdポイントを充当(減額)できます。

dポイントには有効期間があるので、ポイント利用の選択肢が増えるのはうれしいですね。

サービス利用条件

利用対象者 iモード/spモードのどちらかの契約をしているドコモ回線お持ちの方
またはドコモ回線をお持ちでなく、dアカウントをお持ちの方
利用条件 dポイントクラブの会員で利用可能なdポイントを保有していれば利用可能
1回の充当可能金額 1円~ご利用可能ポイントの範囲内
ご利用限度額 dポイントのご利用可能ポイントの範囲内
請求方法 dポイントのご利用可能ポイントから、
購入時に充当ポイント(一部または全部)を交換
その他 ご利用代金「都度決済」、「随時決済」のみ充当が可能

期限が短いdポイントから消費

dポイントには「通常dポイント」と「期間・用途限定dポイント」の2種類があります。

d払いでdポイントの充当(減額)を利用した場合、有効期間の終了日が早いものから優先して利用されます。

有効期間の終了日が同一の場合、「期間・用途限定dポイント」から優先して利用されます。

注意事項

dポイントの充当に関する注意事項がいくつかあります。

  • dポイント充当すると、dポイントの還元は受けられない
  • dポイントクラブ会員に登録する必要がある
  • 「dポイント利用拒否」を設定していると利用できない
  • 注文時にポイントが有効であっても、注文取り消し時(キャンセル・返品など)に利用したポイントが失効している場合、いかなる取消し事由においても返還はできません
  • メーカー廃番や長期入荷未定等により商品がお届けできない場合、商品不良等により返品が生じた場合等であっても、返還はできません

<まとめ>d払いの支払いはdカードがおトク!

まとめ

  • d払いには4つの支払い方法がある
  • 「電話料金合算払い」、「d払い残高からの支払い」、「クレジットカード払い」、「dポイントの充当」
  • ポイントの3重取りができる「dカード」がオススメ

d払いには4つの支払い方法があり、あなたの利用環境に応じて変更できます。

オススメはdポイントの3重取りができる「dカード」。

d払いとdカードを利用してdポイントをザクザクためよう。

  • 毎日のお買い物でdポイントがたまる・つかえる
  • 街のお店だけでなく、Amazon・メルカリでも使える
  • ドコモユーザーなら面倒なクレカや口座登録は不要
  • 高還元なキャンペーンが多く開催される

スポンサーリンク

にほんブロブ村バナー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる