MENU
カテゴリー
アーカイブ

記事内検索

iDキャッシュバックは効率よくdポイントを使う方法【特徴や使い方、残高照会を解説】

スポンサーリンク

  • iDキャッシュバックってなに?
  • dポイントをiDキャッシュバックに交換するとおトク?
  • iDキャッシュバックのメリット・デメリットは?

iDキャッシュバックは電子マネー「iD」の支払い料金を充当(減額)できるサービスです。

iDキャッシュバックはdポイントを交換すると利用でき、通常ポイントだけでなく、期間・用途限定ポイントも活用できます。

dポイント100ptから利用できるので、dポイントの使い道に迷っている方にピッタリ。

期間・用途限定ポイントは有効期限が短いため、iDキャッシュバックに交換すると良いでしょう。

本記事ではiDキャッシュバックのメリット・デメリットや利用方法などをまとめています。記事を読むと、iDキャッシュバックの特徴が理解でき、今すぐ活用できるでしょう。

\ 年会費永年無料!いまなら4,000ptプレゼント /

スポンサーリンク

目次

iDキャッシュバックとは「iD」の支払い料金を減額するサービス

引用:dカード公式サイト

iDキャッシュバックは電子マネーiDで支払った料金に対して、充当(減額)されるサービスです。

事前にdポイントをiDキャッシュバックに交換しておくだけで、自動的に充当されます。

iDキャッシュバック 3つのPOINT
  • 100ptから交換可能
  • 期間・用途限定ポイントも交換OK
  • 有効期限は交換してから6か月間

dカード(iD)とd払い(iD)の2種類がある

iDキャッシュバックには「dカード」と「d払い(iD)」の2種類があります。

iDキャッシュバック
dカード(iD)
iDキャッシュバック
d払い(iD)
利用可能ユーザーdカード会員ドコモ回線契約者
内容dカード(iD)の支払いに対して充当(減額)d払い(iD)の支払いに対して充当(減額)
ポイント交換単位100pt
(100ptにつき100円分)
100pt
(100ptにつき100円分)
交換可能な上限40,000pt/月
(400口)
10,000pt/月
(100口)
起算日
(利用期間開始日)
申込受付月の16日申込受付月の1日

「dカード」と「d払い(iD)」の2種類は異なるサービスです。充当できる支払いも異なるので注意しましょう。

iDキャッシュバック
dカード(iD)
iDキャッシュバック
d払い(iD)
dカードのクレジットカード(Mastercard/Visa)やETCカードでのご利用代金××
dカード(iD)ご利用代金×
d払い(iD)ご利用代金×

期限は交換してから6ヶ月間

dポイントをiDキャッシュバックに交換後、申込月を含む6ヶ月末が利用期間となります。

利用期間が過ぎてしまうとiDキャッシュバック残高が失効してしまうので注意しましょう。

引用:dポイントクラブ公式サイト
引用:dポイントクラブ公式サイト

iDキャッシュバックの申込方法

People illustrations by Storyset

dポイントをiDキャッシュバックに交換する方法を解説します。

iDキャッシュバックの利用に必要なもの
  • dアカウント
  • ネットワーク暗証番号

交換はdポイントクラブのこちらのページから行えます。

STEP
iDキャッシュバック(dカード)またはiDキャッシュバック(d払い(iD))どちらかの数量を入力して「交換する」をタップ

数量は口数で入力します。iDキャッシュバックのポイント交換単位は100ptです。

例えば1,000pt交換する場合、「10」と入力します。

STEP
dアカウントの「ID」と「パスワード」を入力
STEP
交換する内容を確認。メール配信の希望の有無を選び、「次へ」をタップ
STEP
申込内容の確認をし、「申込む」をタップ

iDキャッシュバック残高の確認方法

People illustrations by Storyset

iDキャッシュバックには利用期間があるので、残高確認を定期的に行いましょう。

iDキャッシュバック残高の確認は「dカード(iD)」と「d払い(iD)」で異なるのでそれぞれを紹介します。

dカード(iD)の場合

iDキャッシュバック(dカード)の残高は、dカード公式サイトやdカードアプリから確認できます。

STEP
dカードアプリの起動し、「お支払額照会」をタップ
STEP
下にiDキャッシュバック残高が表示されている

d払い(iD)の場合

iDキャッシュバック(d払い(iD))の残高はMy docomoのこちらのページから確認できます。My docomoアプリから確認する場合、ちょっとわかりづらい場所にあるので注意が必要です。

STEP
My docomoアプリの「ご利用料金」欄の「詳細を確認」をタップ
STEP
下にスクロールして、「料金関連メニューの一覧」をタップ
STEP
「d払い(iD)/dカードminiご利用明細」のタブを開き、「確認する」をタップ
STEP
d払い(iD)ご利用明細ページの「iDキャッシュバック(d払い(iD))」をタップ

iDキャッシュバックのメリット・デメリット

People illustrations by Storyset

iDキャッシュバックのメリットとデメリットを紹介します。

メリット
デメリット
  • dポイントの利用でdポイントがたまる
  • 期間・用途限定ポイントも交換できる
  • 100pt単位で交換できる
  • 利用期間を伸ばすことができる
  • キャンペーンで+10%増量の場合がある
  • iDしか利用できない
  • 交換を間違えるとキャンセル・変更できない
  • 交換申請してもすぐ使えないがある

\ 年会費永年無料!いまなら4,000ptプレゼント /

5つのメリット

iDキャッシュバックのメリットはつぎの5つです。

iDキャッシュバックのメリット5選
  • dポイントの利用でdポイントがたまる
  • 期間・用途限定ポイントも交換できる
  • 100pt単位で交換できる
  • 利用期間を伸ばすことができる
  • キャンペーンで+10%増量の場合がある

①dポイントの利用でdポイントがたまる

dポイントをiDキャッシュバックに交換し、iDで支払いするとdポイントが還元されます。iDキャッシュバックは一度決済を完了し、請求時に減額する流れです。

引用:dカード公式サイト

還元率は以下のようになります。

還元率
dカード(iD)1%
d払い(iD)0.5%

街のお店でdポイント使って買い物しても、dポイントは貯まりません。iDキャッシュバックを活用することで、dポイントの利用でdポイントを貯められるのでおトクです。

②期間・用途限定ポイントも交換できる

dポイントの通常ポイントと期間・用途限定ポイントの2種類があります。iDキャッシュバックは期間・用途限定ポイントも交換に使えます。

通常ポイント期間・用途限定ポイント
有効期限48か月獲得したサービスにより有効期限が異なる(数日~数カ月)
用途全てのサービスで利用可能一部利用できないサービスがある

③100pt単位で交換できる

iDキャッシュバックの最小交換単位は100ptです。利用期限が短かったり、使い道に悩んでいたりするdポイントを、気軽にiDキャッシュバックに交換できます。

引用:dカード公式サイト

少し貯まった期間・用途限定dポイントをiDキャッシュバックに交換しましょう。

④利用期間を伸ばすことができる

iDキャッシュバックの利用期限は6ヶ月ですが、伸ばすことができます。方法はiDキャッシュバック残高がある状態で、新しくdポイントをiDキャッシュバックに交換するだけ。

iDキャッシュバックは追加で交換すると、利用期限は最新の利用期限に更新されます。6ヶ月以内に追加し続けると、利用期限を永久に延長できます。

iDを使わない方は、iDキャッシュバック残高が貯まり続けます。利用期限が延長できても使わないと無駄になるので、あなたの生活状況に応じて、dポイントをiDキャッシュバックに交換しましょう。

⑤キャンペーンで+10%増量の場合がある

iDキャッシュバックは定期的にキャンペーンが行われ、交換するポイントの+10%増量されます。前回は2021年9月1日~2021年9月30日に開催されました。

引用:dカード公式サイト

次回はいつ開催されるかわかりませんが、新情報を収集しておきましょう。

わたしのツイッターではドコモのおトクな情報を発信しています。フォローすると、ドコモのキャンペーンを知ることができます。

\ ドコモのおトクな情報を発信! /

3つのデメリット

People illustrations by Storyset

iDキャッシュバックはメリットだけでなく、デメリットもあるので知っておきましょう。

iDキャッシュバックのメリット5選
  • iDしか利用できない
  • 交換を間違えるとキャンセル・変更できない
  • 交換申請してもすぐ使えないがある

①iDしか利用できない

dポイントをiDキャッシュバックに交換すると、iDでの支払い料金にしか充当(減額)できません。

dポイントはd払いの支払いやドコモのサービスの充当にも利用できます。iDキャッシュバックに交換すると、用途が限られます。

②交換を間違えるとキャンセル・変更できない

iDキャッシュバックは「dカード」と「d払い(iD)」の2種類があります。間違えて交換すると、キャンセル・変更ができません。

あなたがdカード(iD)を使っている場合、iDキャッシュバック(d払い(iD))を持っていても使えません。同様にd払い(iD)を使っている場合、iDキャッシュバック(dカード)を持っていても使えません。

dポイントをiDキャッシュバックに交換する際は注意しましょう。

③交換申請してもすぐ使えない

dポイントをiDキャッシュバックに交換しても、すぐにはiDキャッシュバック残高が増えません。

iDキャッシュバックは毎月末までに交換手続きが完了した場合、翌月15日頃にiDキャッシュバック残高に加算されます。

iDキャッシュバック残高はすぐ加算されないので、正常に交換できているか不安になるかもしれません。不安なときはdポイントの利用履歴を見ましょう。dポイントはすぐに消費されるので確認できます。

2022年4月21日にdポイントをiDキャッシュバックに交換しました。
すぐにdポイントが消費されています。

iDキャッシュバックの注意点

iDキャッシュバックには以下の注意点があります。

  • iDキャッシュバックに交換できない場合がある
  • dポイントが返還されない場合がある

iDキャッシュバックに交換できない場合がある

以下の場合、iDキャッシュバックに交換できません。

  • 交換申込から充当までの期間に、dカードに登録している携帯電話番号を変更した場合
  • 交換申込から充当までの期間に、dカードからdカード GOLDへランクアップした場合
  • dカードを解約するなど、契約状態により交換不可と判断された場合

dポイントをiDキャッシュバックに交換をしたときは、dカードの契約変更は控えておきましょう。

iDキャッシュバックに交換されなかった場合、基本的にdポイントは返還されます。

dポイントが返還されない場合がある

iDキャッシュバックに交換されなかった場合、dポイントの有効期限が過ぎていると返還されません。

iDキャッシュバックに交換できなかったdポイントは、基本的に返還されます。しかし返還されるまで時間がかかります。

返還されるまでに有効期限が過ぎてしまうと、dポイントは失効します。

期間・用途限定dポイントは有効期限が数日~数か月と短いので気を付けないといけません。

iDキャッシュバックに交換するdポイントは、有効期限に余裕を持たせるのが良いでしょう。

利用者の口コミ・評判を紹介!

People illustrations by Storyset

iDキャッシュバックはおトクなサービスで利用者が多いです。

利用者の評判を見ていきましょう。

https://twitter.com/atumeruhito/status/1511636827685683201?s=20&t=X5aBSIFk9i_-plrYRYiNYg

iDキャッシュバックを活用すれば、おいしいごはんを気軽に食べに行けます。

https://twitter.com/Longshot_752/status/1513381840824172546?s=20&t=X5aBSIFk9i_-plrYRYiNYg

dポイントの効率よくつかう方法として、iDキャッシュバックの名前が出ていますね!

<まとめ>iDを多く利用してるならiDキャッシュバックを活用しよう

まとめ

  • iDキャッシュバックはiDでの支払い料金を充当(減少)する
  • iDキャッシュバックには「dカード」と「d払い(iD)」の2種類ある
  • 利用期限は6ヶ月
  • iDキャッシュバック残高が残っている状態で新しく交換すると利用期限が延長できる
  • 100pt単位で交換できる
  • +10%増量キャンペーンがある

iDキャッシュバックはdポイントのオススメ使い道の1つ。普段iDを多く利用している方ならメリットしかないでしょう。

使い道がないdポイント期間・用途限定ポイントの消費するのも良いでしょう。

iDを利用できるお店は多いので、iDキャッシュバックを多く持っていても損はしないでしょう。

\ 年会費永年無料!いまなら4,000ptプレゼント /

記事の内容で気になる点やわからない点があれば、気軽にコメントしてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次