MENU
カテゴリー
アーカイブ

記事内検索

ドコモの電子書籍dブックを解説!評判や口コミ紹介【60万冊以上読めてdポイントもたまる】

スポンサーリンク

dブックはNTTドコモが運営会社している電子書籍ストア。

60万冊以上のさまざまなジャンルの本を取り扱っています。dポイントが貯める・使える電子書籍ストアはdブックだけです。

本記事では、dブックの特徴やメリット・デメリットをまとめています。記事を読むことで、dブックに関して理解が深まるでしょう。

\ 無料作品多数!dポイントもたまる・つかえる! /

目次

dブックは品揃え60万冊以上の電子書籍

Data illustrations by Storyset

dブックは60万冊以上の品揃えがある電子書籍ストアです。運営会社はNTTドコモが行っています。

NTTドコモはdブック以外にも、dマガジンやdアニメなどのVODサービスも手がけているので、サービスの安全性・信頼性は高いです。

さまざまなジャンルの電子書籍が読める

dブックは幅広いジャンルの電子書籍を取り扱っています。

  • 女性向けマンガ
  • 男性向けマンガ
  • ライトノベル
  • 小説・文芸
  • ビジネス・実用
  • 趣味・暮らし
  • 写真集
  • ハーレクイン
  • 雑誌
  • 洋書
  • TL/BL

あなたの興味があるジャンルを楽しみつつ、他のジャンルにも挑戦できます。より一層、趣味の幅が広がる可能性があります。

dポイントが貯まる

dブックでは購入金額100円(税抜)につき1ptのdポイントが貯まります(還元率1%)。dポイントは、購入確定から2日後ほどで付与されます。

進呈対象となる支払方法は以下の4つです。

  • 電話料金合算払い
  • dカード
  • クレジットカード
  • d払い残高からのお支払い

dブックはdカード特約店です。dカードを利用すると、購入金額100(税込)につき2ptのdポイントが貯まります。

dブックでdカードを利用すると、合計3%のdポイントが付与されることになります。

還元率
付与ポイント1%
dカード決済ポイント1%
特約店ポイント1%
合計3%

dブックでdポイントをおトクに貯めるなら、dカードで支払いするのがオススメ。

\ 年会費永年無料!いまなら4,000ptプレゼント /

dブックとdマガジンの違い

NTTドコモのサービスにdブックとdマガジンがあります。名前が似ている2つのサービスですが、それぞれ特徴が異なります。

サービス名dブックdマガジン
サービス種別電子書籍ストア読み放題サービス
仕組み1冊から購入可能月額定額
ジャンル電子書籍全般雑誌のみ
料金本により異なる月額440円
品揃え60万冊以上雑誌1,000誌以上
特典無料作品3,000冊以上初回31日間無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る

dブックは電子書籍を買うことができ、dマガジンは読み放題サービスです。それぞれの特徴を理解して、サービスを利用しましょう。

dブックのメリット・デメリット

Data illustrations by Storyset

dブックのメリットとデメリットを紹介します。メリット・デメリットの両方を知っておくと、安心してdブックを利用できるでしょう。

メリット

dブックのメリットは以下の3点です。

  • マルチデバイスで閲覧できる
  • dマガジン、dアニメ、dTVを契約すると還元率アップ
  • ドコモ非ユーザーも利用できる

マルチデバイスで閲覧できる

dブックはマルチデバイスで閲覧できます。

1つのdアカウントで複数の端末で電子書籍を楽しめます。dブックとdマガジンで合計10台まで同時に閲覧可能です。

dブックで購入した電子書籍を、家族と別々の端末で楽しむことができるでしょう。

dマガジン、dアニメストア、dTVを契約すると還元率アップ

dブックはドコモの他サービスを契約していると、還元率がアップするキャンペーンを開催しています。

対象となるドコモサービスを1つでも契約していると、dポイント還元率が10%アップします。

キャンペーン対象のサービス
  • dマガジン
  • dアニメストア
  • dTV

還元率は以下のようになります。

還元率
付与ポイント1%
dカード決済ポイント1%
特約店ポイント1%
キャンペーンポイント10%
合計13%

キャンペーンを活用して、dポイントをおトクに貯めましょう。

ドコモ非ユーザーも利用できる

dブックはdアカウントがあれば、ドコモ回線がなくても利用できます。dアカウントは無料で誰でも簡単に取得可能です。

dアカウントはdブックやdマガジンやdアニメストアのようなVODから、d払いのようなキャッシュレス決済まで数多くのドコモサービスの利用に必要です。

ドコモ回線がなくてもdアカウントを取得できるので、dブックも楽しめます。

\ 無料作品多数!dポイントもたまる・つかえる! /

デメリット

dブックのデメリットは以下の2点が挙げられます。

  • アプリが使いづらい
  • 支払い方法が複雑

アプリが使いづらい

dブックは他の電子書籍に比べて機能面が少なく、使いづらいです。

dブックの主な機能
dブックにない機能
  • オススメ情報
  • ランキング機能
  • マイ本棚機能
  • 検索機能
  • 本文検索機能
  • マーカー機能
  • 自動ページ送り機能
  • 本棚ロック

dブックは、ドコモ回線とアンドロイド端末以外だと、アプリから作品の購入ができません。購入するときは、ブラウザ版に切り替える必要があるので不便です。

今後のリニューアルによって、改善するのを期待するしかありません。

支払い方法が複雑

dブックアプリではドコモ回線でアンドロイド端末を利用するに限り、アプリ内で本を購入できます。

ドコモ回線を持っていない方や、iPhoneを利用している方はdブックアプリで本を購入できないので、dブックWEBストアを経由して購入しなければいけません。

dブックアプリdブックWEBストア
電話料金合算払い
dポイント
クレジットカード
(dカード含む)
×
d払い残高からのお支払い×
クーポン(dブック)

dブックの評判や口コミを紹介

Data illustrations by Storyset

TwitterなどのSNSなどで発言されているdブックの評判・口コミを集めてみました。

dブックの悪い評判・口コミ

dブックの良い評判・口コミ

<まとめ>dブックで読書を楽しみつつ、dポイントためよう

dブックでは60万冊以上の電子書籍を取り扱っています。幅広いジャンルが用意されているので、あなたの興味がある本が見つかるでしょう。

dブックでの購入金額に応じてdポイントが貯まり、最大13%還元。

本を読みながら、dポイントを効率よく貯めたいならdブックを利用しましょう。

\ 無料作品多数!dポイントもたまる・つかえる! /

記事の内容で気になる点やわからない点があれば、気軽にコメントしてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次